私の脳はこれでできている!

株式会社ゲイズ 矢野雅也のblogです。

<< 探偵の妻 | main |
希望の国
JUGEMテーマ:映画



よく思う、人間から劣等感やプライド、虚栄心を取ったら何が残るんだろう。
欲望、これは一次的なものなのでわかりやすい。
劣等感やプライドは二次的なもので、よくわからない、
人間関係で地雷を踏む原因のほとんどがコレ、
本人ですら自覚してなかったりするのだから、ましてや他人にわかるわけがない。

そこで役に立つのが想像力というやつ、
自分のボディから幽体離脱して他人に憑衣し、その人の目線でものを見て、
その人の経験値で物事を感じ取る。
それには情報収集が大切で、よく知ってるツモリでも、
意外に相手のことがわかってなかったりするのはコレが足りない、
なのに勝手に自分なりの思い込みを押し付けることが敗北の原因。

本を読んだり、映画を観たりしているときは、
情報の量が限られているので、自ずからその行間を補填するのが想像力。
ストーリーをヴァーチャルな事実と仮定し、その情報をもとに憑衣しやすい登場人物になりかわる。

昔、「ベイブ」という映画を1人で観に行って、大泣きしたっけ、
ブタに感情移入しちゃった。

「希望の国」では鈴木家の息子ががれきの中で彼女にプロポーズをする。
彼女は何度もちいさくうなずいて、ここは泣かせるところですよね。

家族を病気や事故で失うことは、何とか受けとめられるけれど、
津波に攫われていなくなったらずーと探すしかないじゃないか。
喪失を受け入れて、新しい家族を作ろうとすることで前にすすんでゆく。

目に見えない放射能があるという2次的な情報だけで、
家や畑、田んぼや家畜を奪われ、家族とも分断される生活
生きる場所と生きる方法をあっという間に奪われたらどうにも対処のしようがないよね。

夏八木勲と大谷直子はすごく良かった。
でもこの映画、震災前にホラー映画として作るべきだったかも。



| 見た映画 | 02:59 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
モーツァルト:レクイエム
モーツァルト:レクイエム (JUGEMレビュー »)
アーノンクール(ニコラウス), モーツァルト, ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス, シェーファー(クリスティーネ), フィンク(ベルナルダ), シュトライト(クルト), フィンレイ(ジェラルド), アルノルト・シェーンベルク合唱団, オルトナー(エルヴィン)
RECOMMEND
RECOMMEND
フード&リカー(初回限定盤)
フード&リカー(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
ルーペ・フィアスコ, サラ・グリーン, ジェミナイ, ジョナ・マトランガ
RECOMMEND
FIRST COLLECTION-HYDE OUT PRODUCTION
FIRST COLLECTION-HYDE OUT PRODUCTION (JUGEMレビュー »)
オムニバス, NUJABES, ファンキー・DL, アパニ・B-フライ・エムシー, サブスタンティアル, シンゴ2
RECOMMEND
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS